賃貸を探しているなら条件を明確にして

あなたは希望の条件を明確にしていますか?

就職や、進学のため家を探す人は多いと思います。ほとんどの人が職場や学校のある地域の賃貸物件を探すでしょう。賃貸物件を選ぶ際、失敗しないためにも必要なことは何でしょうか? それは、ずばりどんな家がよいのか、賃貸を選ぶにあたってあなたの希望の条件を明確にするということです。 条件というのは様々です。条件で多いものは、やはりなんといっても家の家賃です。社会人の方なら家賃の目安は、手取りの給料のおよそ3割ぐらいが目安といわれています。4割を家賃にするとすこし生活が厳しくなることも考えられるので、自分の支出にあった目安の家賃をあらかじめ決めておくことが大事だといえます。 次に、駅から近いかどうか。これは、車を利用する人、公共の交通機関を利用する人によっても変わってくると思います。公共の交通機関を利用して、通勤や通学を考えている人は15分以内を目安として考えるとよいと思います。 あとは、その賃貸物件の築年数、広さ、ペットが買えるかどうかなど、その人によって希望条件は変わってくると思います。 いずれにしても、自分の希望の条件を明確にし、優先順位を決めたうえで借りる家を検討したほうがよいといえますね。

家を実際に見る時のチェックポイントを明確にしていますか?

家を借りるにあたって、ホームページ等であらかじめ物件を見て検討するなど、事前の準備が必要ですが、そのよいと思っていた物件があなたにとってよい物件なのかどうかはわかりません。また、ホームページに掲載されている物件は一部といえます。そのため、実際に不動産に行って物件を検討する必要があるといえます。 不動産に行ったら、希望の条件を書く用紙をもらえるので、それに自分の希望条件を書きます。あとは、気になる物件があったならそこも伝えます。物件をみるのでしたら、2~3件に絞ったほうが良いです。 家を見に行ったら、隣の音や外の音など防音性はどうか、間取りはどうかなど、自分の希望条件の優先順位に加え、実際に見ることで考えられる条件も照らし合わせ、物件を見ていく必要があるといえるでしょう。 丁寧にみていくことで、自分の最適な物件が見つかるといいですね。